臨時写真館 2

今回、Y.S.さんの膨大な写真コレクションの一部をお借りすることができました(ありがとうございます)ので、そのほんの一部を紹介いたします。

注意
転載は一切できません。
※車庫内の写真は、全て許可を得てから撮影されたものです。その他は公道からの撮影です。

京浜急行 P-U32L


追浜営業所所属車。20世紀中に京浜急行から富士重5Eが姿を消した。このころはまだ内川橋に追浜車庫があった頃。

 

京浜急行 ブルーリボン


すでに両車共に鬼籍となった。まさか三崎営業所にJPが入るとは思いもしなかった頃のお話。

 

神奈川中央交通 KC-MP717M


大磯ロングビーチにて。既にスヌーピーバスもスヌーピーがいなくなり、素っ気ない感じになっている。

 

大磯ロングビーチにて


夏季限定、大磯駅に突如として訪れるライオンズカラー。道了尊線と同じぐらいの突如さである。

 



伊豆箱根鉄道 その他のバス


真ん中のバスは確かK-U31Lのはず。因みに、下の方に富士急と一緒に写っているのはJR東海道線の代行輸送。

 

箱根登山鉄道 代行輸送車


こちらも代行輸送にあてがわれたもの。

 

城ヶ島京急ホテル 送迎車


京急グループなので、このような塗装になっています。自家用登録。

 

検診車


検診車だと、時々とんでもなく古い車が来たりするのですが、それはともかく何だか伊予鉄道を思わせるカラーリング。

 

MWRって一体なんでしょう?


横須賀名物米軍輸送です。何と言ってもナンバープレートがその証。

 

東海自動車 ボンネットバス


帝国ボディ+いすゞのコラボレーション。ナンバープレートは外されている。

※許可を得ての撮影です。

 

米軍輸送 中古車スペシャル


沖縄だと米軍輸送落ちの路線車というパターンをよく見かけますが、関東圏では路線車落ちが米軍輸送を担当する逆のパターンが見られます。

 

元東京都交通局 P-U32K 


あからさまに前事業者がわかるような塗装。まだ都バスが中扉四枚折戸を導入する前の車である。

 


元神奈川中央交通 P-MP218P


真っ白なものから中途半端に塗装を変えたものまで存在する。いくら塗装を変えても運賃窓が残ってはもう無理だったりしますが。

 

元神奈川中央交通 P-MP218P


ついでに白装束車も。一瞬カナちゃん号?と思ったりもするが、よく考えればカナちゃん号には運賃窓がない。

 

箱根登山鉄道 のっぺらぼうのRV


ライト回りを取られると、なんだかマスクをさせられたような装いに見えてくる。

※許可を得ての撮影です。

 

箱根登山鉄道 日野中型車


1つ目ではないレインボー。目玉が一つ増えるだけで、だいぶ見てくれが違ってくる。

※許可を得ての撮影です。

 

箱根登山鉄道 P-MP218M


言わずとしれた元神奈中車。このときには、流石に中扉を埋める大掛かりな改造はしなかった。

 

箱根登山鉄道 いすゞLR


箱根登山のトップドア車は、側面方向幕位置に特徴が見られる。トップドアなので、余計側面幕位置が目立つ。

※許可を得ての撮影です。

 

箱根登山鉄道 湯〜遊〜バス


熱海周遊に、というこれまた箱根登山らしい珍車である。

 

箱根登山鉄道 KC-MP717KT


箱根の山道にも耐えられるターボ仕様。やっぱり側面方向幕位置は直後ではない。

※許可を得ての撮影です。

 

箱根登山鉄道 ブルーリボン高出力


KC規制がまだ新車の代名詞だった頃。この後、箱根登山はエキセントリックな変貌を遂げていく。

※許可を得ての撮影です。

今後もY.S.さんのコレクションは定期的に紹介する予定です。
その1に戻る
その3に進む
その4に進む
その5に進む

トップページに戻る
これらの写真は、Y.S.さんが撮影したものを提供して戴いたものです。転載は一切できません。