その他 2

ここでは 上の四つに収まりきれない(一部収まりきったのも)写真をご紹介。

1.バスの集まる風景 1-b.廃車とはいえバスの集まる風景 2.4車種以外のバス(っぽいもの) 3.懐かしのBus Stop 4.ステッカーを探る 5.神奈中のイベント 6.道灌まつり 7.東京モーターショウ2002 8.丸の内シャトル

6. 道灌まつり
2002.10.27
道灌まつりの概観

10月の第3土・日曜に行われるこの祭り。道灌は太田道灌のことで、伊勢原市にかかわりが深いとの由。これにちなんで、市では様々な催しが開催されましたが、そうするとバス路線は軒並み迂回措置がとられます。今回はそういった画像を少々お届けいたします。

さて、道灌まつりでこんな道にバスが走るから車を停めてはいけません…ということはこれらの道は恐ろしく狭いということです。

 


迂回経路 その1

とりあえずこんな無茶な道を走ります。

 



道灌まつり 迂回経路 その2 後ろから見ると

こどもが必死によけています。そしてそんな狭い道にバスが連荘でやってきているのが分かります。

 


道灌まつり 迂回経路 その3

余命幾ばくも無いP-HT235BA。フォントが新しい。


道灌まつり こんなところで停車

P-HT235のわきを走り抜けるKC-HT2MMCA。古参車と新車がすれ違う。2002年10月末の神奈川県警の流行はひったくり注意のようで、市バスではラッピングまでしていた。

 


道灌まつり こんなところで停車

そしてまた一人佇むHT。



道灌まつり こんなところで停車

ずらりと並ぶ伊勢原の車。すべてにひったくり注意の垂れ幕がつく。

7. 東京モーターショウ
2002.11.02

2002年度、東京モーターショウ

隔年で商用車と乗用車に分かれて開催されるこの展示会、2年前と同じく、幕張メッセでの開催です。

さて、そのモーターショウに入る前にその外堀から。京成の湾岸塗装(勝手に命名)

 



東京モーターショウ(序章) 京成電鉄

そして一般塗装。湾岸地区は日野車の天国です。

 



東京モーターショウ 序章 100円バス

今ではどこの都市でも見られるようになった100円バス。中型車による運行。

 


東京モーターショウ(序章) 平和交通

湾岸地区に新規参入してきた平和交通より2枚。


東京モーターショウ MK3並び

7m、9m、10.5mと揃ったMK車。10.5m車が今後都営を席捲すると思うとそれは怖い。

 




東京モーターショウ CNGローザ

ローザにはこんな仕様もありました。関係ないけどコンパニオンもまさかこんなところで顔が出るのは難なので、すべて加工しております。ご諒承ください。



東京モーターショウ 日野とトヨタ

日野・トヨタはこんな車を出してきました。しかし、BH15とはこりゃ難儀な。BRCは確か一癖あった仕様だった気がする。


東京モーターショウ クセニッツ

クセニッツやらオムニノーバやら、覚える単語がカタカナだらけで大変大変。右の実車コーナーはあの北陸よりはるばるいらっしゃいました。


東京モーターショウ いすゞと日デ

日デといすゞは地味にこういった車。もう富士重Bodyは拝めない。西工ボディって、今迄東京モーターショーにでてきたかも分からない。


東京モーターショウ 実車コーナーより

こちらも浜松よりいらっしゃったHEV試験車。LED幕も非常に見やすい出来となっている。


8. 丸の内シャトル
2002.11.02
丸の内シャトル by 日の丸自動車

乗った人の感想「乗った時間のうち半分を乗降に費やしていた」。ニュージーランドからはるばるやってきたこのバス、低公害なだけあって冷房の聴きも低だったとの由。

 


トップに戻る
その他(1)に戻る