古いバスの部屋


首都圏では過去帖入りしたようなバスをご紹介。
掲載事業者
K-CJA600 奈良交通
K-CJM520 那覇交通
K-CJM500 岩手県交通(北村)・静岡鉄道・川中島バス
K-CJM470 岩手県交通
K-CLM470 岩手県交通
BU04 岩手県交通・那覇交通

 

C系列
川中島バス K-CJM500(推定)


恐らく西東京バスか山陽電鉄から来たものでは?と推測。

 

静岡鉄道 K-CJM500

静岡で地味に活躍するCJM。何気に静岡鉄道は車齢が長い。MP117やBUも長い間活躍していたが、最近神戸市バスにかわったらしい。MP117は好きだが、富士重は…という感じだった。

 

奈良交通 K-CPM600

長い。とにかく長い。この長さは羨ましい。音も派手目。

at 五位堂駅/王子駅

 

岩手県交通 K-CJM470

国際興業に大量に出回っていた車のうちの一つ。滝沢営業所所属車で、特徴は行先表示が青字になっていることである。中扉に所属営業所の名前が書いてあるシールが貼ってあるので、そちらを御覧になってはよいのでは。因みに、前面の方向幕は一応系統と行先の間が黒くなっているが、一緒に連動している。あ、後ろの幕はありません。

at 盛岡駅(東口)

 

岩手県交通 K-CJM470

国際興業に大量に出回っていた車のうちの一つ。後ろの幕はこのように広告が被さっている。このようにクーラーユニットが後部にあるのは、他に東急電鉄でも見ることができた。

at 盛岡駅(東口)

 

岩手県交通 K-CJM470

国際興業に大量に出回っていた車のうちの一つ。そしてこちらも。 因みに、国際興業は予室式エンジンを長い間採用していた関係で、CLMの方が多く出回っている。一応バスラマ統計では、CLM134台で、CJM38台である。

at 盛岡駅(東口)

 

岩手県交通 K-CJM500

元神奈中車。ナンバープレートから推測して、89年あたりに移籍したものと思われる。国際興業のBUが12年使ってから追い出すのを考えると、随分早い第2の人生を迎えたことになるが、現在このバスは神奈中での活躍期間より長く岩手県交通に居ることになる。昔の写真と較べてみると、どうやら幕が横にのびて神奈中時代と同じになったような気がするが、詳細はわからない。

at 盛岡駅(東口)

 

岩手県交通 K-CJM500

元神奈中車。でなおかつ北村車。何故か北村車は前扉の「出口」とか書いてある窓が後ろにある。

at 盛岡駅(東口)

 

2004.2.1 UP




岩手県交通 K-CLM470

国際興業よりやってきたCLMもそこそこ活躍しています。とはいえ、2003年3月現在、盛岡近郊では待たないと乗れなくなってきていることを考えると、徐々に活躍の場は狭まってきているのでしょうか。

at 方向幕の小さいのは松園営業所 岩手牧場行は盛岡駅 滝沢村役場行きは滝沢村役場 そのほかは滝沢営業所

 



那覇交通 K-CJA520

沖縄県は前面改造が盛んなようで、どこもかしこもものすごいことに。因みに、この日野顔ですが、P-LVにも施されています。

at 久茂地・牧志

そして魅惑のBUシリーズ 2002.04.13
岩手県交通 BU04

めっきり数は減らしたとは云えども未だ現役のBU。側面幕が中扉上にある。座席が微妙な形をしていた。いや、勿論誉め言葉ね。この岩手県交通名物のBUも、もうじき淡路交通の中古車に置き換えとなり、あの甲高いエンジン音ともお別れとなる。合掌。

at 盛岡駅(東口)

 

岩手県交通 BU04

めっきり数は減ったとは云えども未だ現役のBU。側面幕が中扉上にある。21世紀までちゃんと生き残ることができた。あ、これも中扉上に側面幕があるが、中扉直後にあるパターンもある。

at 盛岡駅(東口)

 

那覇交通 BU04

一番左が那覇市内均一線の車で、中央が当初の銀バスの塗装。右が多区間車の新塗装。

at 久茂地

 

那覇交通 BU04

そして後面。多区間車は後面幕を装備していない。新塗装は那覇交通(銀バス)と表記されることもある。

at 久茂地(銀バス塗装は那覇BT)

 

那覇交通 BU04

おまけ。ちょっとした差異。ちょっとの違いが大きな違い。このシリーズは当分続けます。

at 久茂地

 





那覇交通 BU04 白塗装Ver.

新塗装も更新の具合でよかったり悪かったりする。きれいなものは本当に白が映えている。

at 久茂地

 





那覇交通 BU04 銀バスVer.

1978.9.30当時より走り続ける伝統のカラー。

 


いすゞ続き
に進む
古いバス(日野・ふそうVer.)に戻る
インデックスに戻る